ついにE-M1でも発生…と思ったら

20140831_060328-Edit

センサーダストとは無縁だと思っていたオリンパスですが…やっぱりそうは問屋が卸さないようですねぇ。

F6くらいから淡いシミのような写り込みが始まり、F16ともなると完全に点状のゴミだと認識できます。F12くらいまでは絞るときには絞るので、この状況はちょっと困る。

ブロアーで吹いても同じ場所に固着しているので、どうやらセンサー自体にガッチリこびり付いているようだ。E-M1がLPFレスだったかどうか記憶に無いが、LPFがある機種だとするとセンサーとLPLの隙間に入り込んだゴミかもしれない。

いずれにしても自分ではどうすることもできないので、修理扱いでオリンパスに診てもらうしかないな…。


…なんて記事を書いてから、ふと「もしかしたら、センサーダストじゃなくてレンズ後玉のほこりかも?」という気がして、レンズを交換して青空を撮ってみた。

すると、F18以上ではポツポツとシミが見えるけど、先の大きなシミは見えない…。元のレンズの後玉をブロアして再び絞り込んで撮ってみると…やはりF16までは気になる大きなシミは確認できない。

センサーの問題では無いことが確認できて、めでたし、めでたし。これでオリンパスユーザーを継続決定です。

この件でカスタマーセンターに問い合わせた時のオペレーターの対応はすごく丁寧でした。てっきりセンサーの問題だと思っていちど依頼したピックアップサービスが、こちらの早とちりだったことが判り、30分後にもう一度カスタマーセンターへその取り消しの連絡を…かっちょわり~(^_^;)

その電話にも、「お客様のお手間を取らせることにならず良かったです。当方としても安心いたしました。わざわざご連絡いただき、ありがとうございます」と丁寧に応対していただきました。

オリンパスのカスタマーセンターへの評価が低いユーザーもいるようですが、私は大満足です。カスタマーセンターでこのレベルの対応をしてくれるメーカーなら、安心して使い続けられると思った休日の出来事でした。

広告

E-M1&M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROでお散歩

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

E-M1とM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROのコンビ、初の屋外仕事です。どちらもカチッとしたソリッド感のある手触りが何とも言えない心地よさです。肝心の画質は…これだけ写れば言うことありません。F18まで絞っての撮影もしてみましたが、そこまで絞っても破綻しないのはすごいですね。

この色、好きだな

20131124_182700

E-M1で少しだけ室内撮り。嫁さんが趣味でせっせと作ってショップに卸している赤ちゃん用の靴が並んでいたのでパチリ。何気なく撮ったこの写真を見ながらオリンパスの色ってやっぱりいいなぁと思う。各メーカーそれぞれに色があって、人によって好き嫌いがあるだろう。キヤノンを使っていた時にはその色が良いと思っていたけど、オリンパスを使い始めてこちらのほうが自分の好みだということに気づかされた。

いまや選ぶカメラによってそれほど画質の優劣は感じないから、あとは好みの問題。操作性云々ってのは使ってりゃ慣れてしまうものだから、やっぱり決め手は色なんじゃないかと思う。

E-M1がやってきた

20131124_151930

週末、研究会のために札幌へ…。帰路のJR、私の手には上のような代物が…。

家電量販店でSONY α7とα7R、Pentax K-3、そしてこのOlympus E-M1を実際に手にして感触を確認。結局は「一世代飛ばして次を買おう」と思っていたのとは裏腹に、現時点でのオリンパスのフラッグシップE-M1を買ってしまいました。

いままでニコン、キヤノン、オリンパスと使ってきて、撮っていて楽しいと感じたのはオリンパスだけです。何が違うのかわかりませんが、おそらく私の感性や撮影スタイルに合うんでしょうね。E-P3を買った時も、E-M5を買った時も、「これ以上は要らんだろ。数年は使うぞ」と思ったものでしたが、結局こうしてE-M1も買ってしまうとは…。

まだ外で使ってみていないので何とも言えませんが、明らかにE-M5よりC-AFやトラッキング性能は向上している感じがします。これである程度の確率で走り回るアクアをビシッと撮影できたら、もうこの先オリンパスだけでいいかも。

やっぱりEOS…ってことか

20131109_104519

なんだかんだ言いながらも、やっぱり戻るところはキヤノンなのか…という感じ。マイクロフォーサーズの限界というか、少し離れた場所に幾つかの物がまとめて置かれているようなときにAFを利用して撮ろうとすると、E-M5のAFポイントは大きすぎて撮りたい物にピントが合わないことが多々あります。何度も撮り直してガチピンを選ぶという作業は結構ストレスです。E-M1はAF枠が小さくなっているので、もう少しビシッと決まるのかもしれません。

その点、EOS 5D MarkⅢはピンポイント1点AFを選べばまずピントを外しません(というか、外れたのを見たことがありません)。走る愛犬の撮影で周辺AFサポートを利用すると「え~っ?」と感じるくらいガチピン率は下がりますけど…。このAF選択のために以前「キヤノンはピントが合わねぇぞ!」と感じていたんじゃないかと思うようになってきました。できるだけ被写体を追い続けるようにと領域拡大上下左右4点AFを好んで使っていましたが、どうやらそれがピントを微妙に外す原因になっていたようです。最近スポット1点AFだけを使うようにしたところ、ピントを外すことが明らかに減りました。スポット1点AFでもマルチコントローラーを使えば快適性が損なわれないのがキヤノンの利点です。

けっこう重たいですが、頑張ってキャノンユーザーを続けようと思うくらい、EOSのAFを見直しました。でもまぁ、いまだに利き腕のしびれや痛みが続いている状態でEOS 5D MarkⅢはちょっと辛いんですけど…。

Pentax RichoがK-3のモニターキャンペーンを実施しているので応募してみました。GRには「今後コンパクトはGRシリーズで決まりだな」と思わせてもらったので、K-3にも興味津々ではあります。もしもC-AFが自分の要求レベルならキヤノンから鞍替えしても…と思わなくもないのですが、何しろ一度は手にしてみないと何とも言えません。フラッグシップK-3を2週間ほどモニターということで、その期間が終われば返却しなければいけませんが、とりあえず全く知らないPentax Richo Kシリーズの感触を知ることができるだけでもメリットはあります。ま、募集人数も少ないですし、自分が選ばれる確率はものすご~く低いでしょうから、捕らぬ狸のなんとかってやつですね。